邦訳発行に合わせてプライバシー保護の国際規格(ISO/IEC 27701)特集

月刊アイソス2020年5月号(270号 2020年4月10日発売)の特集は『プライバシー保護の国際規格 ISO/IEC 27701』です。本特集は、日本規格協会によるISO/IEC 27701の邦訳の3月25日発行に合わせて企画したものです。JIS Q 15001が個人情報保護の規格であるのに対し、ISO/IEC 27701はプライバシー保護の規格であり、コンプライアンス対応に新たな選択肢が生まれました。ISO/IEC 27701は、ガイドライン規格でもあり、要求事項の規格でもあります。ISO/IEC 27701認証は、ISO/IEC 27001認証のアドオンとして適用される可能性が高いと言われています。本特集では、ISO/IEC 27701規格開発に携わったISO/IEC JTC1/SC27/WG5のエキスパート、認定機関であるISMS-AC、認証機関のBSI、個人情報保護分野のコンサルタントの方々に、取材あるいは寄稿をお願いしました。

NEWS & REPORTSでは、シスコシステムズのビジネスソリューションズアーキテクトの筑瀬猛氏が東大工学部で行った講演「Smart Fieldwork 問題は会議室で起きてるんじゃない。生産現場で起きてるんだ!!」の詳細を報告しました。

Viewpoint this monthでは、4月に日本はISOに対して「防災」に関する国際規格作成を提案する予定ですが、その準備委員会の委員長を務める今村文彦さん(東北大学 災害科学国際研究所所長 津波工学教授)から、規格作成の経緯や今後の開発スケジュールなどについて話を聞きました。

アイソス 2020年5月号(270号 2020年4月10日発売)

特集

プライバシー保護の国際規格
ISO/IEC 27701

Part 1 規格動向
プライバシー保護ならISO/IEC 27701
個人情報保護ならJIS Q 15001
コンプライアンス対応の選択肢が増える
取材先 :
ISO/IEC JTC1/SC27/WG5 エキスパート
一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
客員研究員 佐藤 慶浩 氏
主任研究員 郡司 哲也 氏

Part 2 規格解説
ISO/IEC 27701とプライバシー関連規格
〜開発経緯と要求事項・ガイダンス及び
附属書の意図を理解する〜
執筆 :
ISO/IEC JTC1/SC27/WG5 エキスパート
一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
客員研究員 佐藤 慶浩

Part 3 規則解説
GDPR対応のアプローチ
〜GDPRの概要、個人情報保護法との比較、
日本企業に必要な対応及びISO/IEC 27701の活用〜
執筆 :
ISO/IEC JTC1/SC27/WG5 エキスパート
一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
主任研究員 郡司 哲也

Part 4 認定動向
認定基準のアウトラインが見え出したら
独自基準で認定をスタートしたい
取材先 :一般社団法人情報マネジメントシステム認定センター(ISMS-AC)
事務局長  星 昌宏 氏
事務局次長 野中 武志 氏
主任研究員 富永 典子 氏

Part 5 認証動向
BSIでプライベート認証を発行
認証組織のほとんどがグローバル企業
取材先 :
BSIグループジャパン株式会社
認証事業本部 部長 プロダクトマネージャー
中村 良和 氏

Part 6 取組方法
日本の組織はISO/IEC 27701に
どう取り組むべきか
〜学習手順と重要ポイントを提案〜
執筆 :
株式会社シーピーデザインコンサルティング
代表取締役社長
鈴木 靖


NEWS & REPORTS

日本品質管理学会 サービスエクセレンス部会/生産革新部会主催
第8回 知識共有会 講演とディスカッション
Smart Fieldwork
問題は会議室で起きてるんじゃない。
生産現場で起きてるんだ!!
講演者/シスコシステムズ合同会社 ジャパンカントリーソリューションズアーキテクツ
ビジネス ソリューションズ アーキテクト 筑瀬 猛 氏


連載

■Viewpoint

Viewpoint this month リレー連載 第98回
総合的な防災のあり方や改善のための国際基準として
「防災ISO」をISO/TC268に提案
取材先/防災スマートシティ準備委員会 委員長
東北大学 災害科学国際研究所所長 津波工学教授 今村 文彦 氏

■新しい国際規格

新しい国際規格の紹介
ISO 37161:2020  ISO 37162:2020
地球をクリーンにする輸送を
2つの新しい国際規格で実現する

■新しいマネジメントシステム

2周回遅れのナレッジ・マネジメント
〜品質・技術伝承問題の背後にある課題とその処方箋〜
連載 第2回 ナレッジマネジメントシステム規格の特徴と品質マネジメントへの意味合い
執筆/ナレッジ・アソシエイツ・ジャパン株式会社 代表取締役社長
Knowledge Associates International (英国 Cambridge)取締役 荻原 直紀

品質・安全のための新たなマネジメントシステムの提案
〜企業・組織との共同研究の中で考えたこと〜
連載 第2回 農作物の品質・生産性向上を実現するためのQC工程表の導入と構築(2)
執筆/東海大学 情報通信学部 経営システム工学科 准教授 金子 雅明

これならできる! ISO 45001/JIS Q 45100
〜認証審査の特徴とよくある所見〜
連載 第2回 JIS Q 45100の審査の特徴①
執筆/中央労働災害防止協会 安全衛生マネジメントシステム 審査センター
認証審査係長 稲葉 佳樹

■内部監査

内部監査の実践
連載 第2回 サプライヤー監査が製品パフォーマンスの鍵を握る
執筆/株式会社LMJジャパン 主任講師 青木 明彦

■食品・農産物安全

FSMSを巡る動き:
ISO 22000:2018、FSSC 22000 Ver. 5、GFSI ベンチマーキング要求事項 Ver. 8から
連載 第2回 FSSC 22000の仕組みとスキーム要求事項
執筆/湯川食品科学技術士事務所 所長 湯川 剛一郎

東京大会2020の農産物調達コード「ASIAGAP」
〜認証制度活用のメリット〜
連載 第2回 ASIAGAPの認証制度の解説、GLOBALG.A.P.との違い
執筆/一般財団法人日本GAP協会 運用管理部 青柳 裕美

■海外動向

ネットで読み解くリスクマネジメント海外事情
連載 第20回 日本の危機管理
執筆/米戸 靖彦


And more

■全体目次
■編集後記/次号予告/広告目次 etc.