「8.2.2 内部監査」

「8.2.2 内部監査」を見てみましょう。
最後のパラグラフで次のような文が出てきます。

「監査された領域に責任をもつ管理者は、
発見された不適合及びその原因を除去するために
遅滞なく処置がとられることを確実にすること」

ここでいう「処置」って、どんな処置なのでしょう。
多くのユーザーからISOに質問が寄せられたそうです。
これは、世界規模の疑問なわけです。
原文は下記の通りです。

The management responsible for the area being audited shall ensure
that actions are taken without undue delay to eliminate detected nonconformities and their causes.

この actions って、何を意味するのでしょうか。
これはやはり、次の「8.2.3 プロセスの監視及び測定」に出てくる
correction and corrective action のことでしょう。

つまり、遅滞なくとるべき処置とは、
必要とされる修正及び是正ということになります。

1件のコメント

  1. こんにちは。
    初回から楽しみに拝見させていただいております。
    そーです内部監査にやられてます。
    奥が深いですよねー。
    それと、お願いなんですが、
    22000の内容も取り上げていただけませんでしょうか、
    出来れば。

コメントはできません。