「8.2.4 製品の監視及び測定」

今日は「8.2.4 製品の監視及び測定」をみてみます。

2000年版では、この要求事項の第2パラグラフは次のようになっていました。
「合否判定基準への適合の証拠を維持すること。記録には、製品のリリース(次工程への引渡し又は出荷)を正式に許可した人を明記すること(4.2.4参照)。」

ISOでは「合否判定基準は記録でなければならないか」という点について議論され、必ずしも記録でなくてもよい、と結論しました。ISOでは、記録ではない、合否判定基準として、次のような事例を挙げています。

(例)レストランのシェフは、料理の最終プロセスとして、お客様に出す直前、味付けに合格した証拠として、料理容器の側面にマークを付けるかもしれない。

ところが、前述した第2パラグラフを読むと、「合否判定基準への適合の証拠を維持すること」に続いて、「記録には・・・」と書かれているので、あたかも合否判定基準は記録であるがごとく誤解される可能性があるとしました。そこで、第2パラグラフの文章を2つに分解し、前の文章を第1パラグラフの後に続けることにしました。

さらに、第2・3パラグラフに出てくる「製品のリリース」に対して、「顧客への」という形容詞をつけることにしました。製品のリリースは、中間プロセスでも発生するしい、最終的に顧客に引き渡すときでも発生しますが、規格の意図は、「顧客への引き渡し」にあることから、明確化の一環として「顧客への」を付けたものです