定額給付金

テーブルで晩飯を食べていると、中学生の息子が「きゅうふきぃーん、きゅうふきぃーん」と歌いながら近づいてきました。

「さあて、ダディーさんは、2万円を子どもたちにめぐんでくれるのでしょうか? それとも、日々の生活費にあっけなく使ってしまうのでしょうか? 正解はコマーシャルのあと!」

そう言うと、「きゅうふきぃーん、きゅうふきぃーん」と歌いながら去って行きました。

2件のコメント

  1. なかなか、茶目っ気たっぷりの息子さんですねぇ。
    行政担当によると、
    定額給付金の受給者は世帯主です。金額の算定基準として、原則一人あたり12000円で、65歳以上または18歳以下は20000円で、これはあくまで算定基準であり、受給者は世帯主です。どう使おうと世帯主の勝手です。毎月の給料でさえ、世帯主は自分の思い通り使えないのですから、給付金くらい世帯主の思いどおりに使わせてあげてください。
    はっ、夢か、目が覚めました。
    ちなみに我が家では、高校入学したての息子に既に20000円をはるかに上回る額をつぎ込んでおります。制服とか、かばんとか、授業料とか…。

  2. イソハドーグさんへ
    <行政担当によると・・・給付金くらい世帯主の思いどおりに使わせてください。
    そうだ、そうだ、そのとおりだ! 給付金はモロ生活費に使ってやるぞぃ!

コメントはできません。