中尾元子 82年史 その5

「中尾元子 82年史」シリーズの最後に、母の画歴を紹介します。

1930年 大阪府に生まれる
1961年 洋画を独学で始める
1962年 関西旺玄会展「大阪市賞」受賞
1963年 旺玄会本展「新人賞」受賞、関西旺玄会展「ホルベイン賞」受賞
1964年 旺玄会本展「旺玄会賞」受賞、旺玄会会員になる
1965年 旺玄会本展「奨励賞」「K氏賞」受賞
1966年 旺玄会本展「奨励賞」受賞、新美術協会展「大阪市長賞」受賞
1967年 日本画に転向、旺玄会退会、新美術協会展「新美術協会賞」受賞、新美術協会会員になる
1968年 新美術協会退会
1969年 現代美術家集団日本画部創設常任委員となる、現美集団展「京都府知事賞」受賞
1971年 現美集団展「文部大臣奨励賞」受賞、受賞後、現代美術家集団退会、フリーとなる
2000年 第19回「中尾元子 個展」開催を最後に、画家としての活動を終える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です