ようやく米国納税者番号を取得

IRS(米国歳入庁)から、申請していたEmployer Identification Number(EIN:米国納税者番号)を通知する手紙が届きました。これで晴れて、源泉徴収率0%でAmazon Kindle ダイレクト・パブリッシングが可能になりました。これもひとえに、今年5月15日に開催された、大日向礼子さんの「Future MaPS」主催による「Kindle ダイレクト・パブリシングセミナー」に参加したお陰です。その時の講師は、2000年にTL9000の取材でお世話になった吉崎久博さんで、それはそれは手取り足取りの超分かりやすいセミナーで、この分野に無知な私にぴったりでした。素晴らしい機会をお与えくださった大日向さんと吉崎さんに厚く感謝!

ただ、問題がひとつ。
何をパブリッシングするか、まだネタが浮かばないこと・・・

2014_IRS.jpg