one of the most は日本語に訳せるか?

中学生の時に、英語の文法で「比較級、最上級」を習った。その時に出てきた例文の中に one of the most という表現があり、「最も〜なものの1つ」と訳せと教わった。例えば、下記の英文は「茂原市は日本で最も美しい都市の中の1つです」となる。

Mobara is one of the most beautiful cities in Japan.

当時も今も、この訳し方には不満だ。日本語で「最も」と言えば、通常、一番上の評価だろう。「最愛の人」は一人でなければならない。「最も美しい都市」が複数あるなら、「その中の最も美しい都市はどれだ?」と突っ込みたくなる。「おまえは最高の友だ」とは言うが、「おまえは最高の友のうちの1人だ」なんて、そんな不自然なことを言う奴、フツウいるか?

例えば、スキー場に行く。上級コース、中級コース、初級コースがある。そこに最上級コースが加わってもよい。だが、そのスキー場に最上級コースが2つあったら、おかしいだろう。 どっちが最上級なんだ?

そう思ったまま、社会人になった。昔は「最高のレストラン」「最高のホテル」と言っていたのが、最近は「最高級のレストラン」「最高級のホテル」と言う。この「級」って何だ。実は、これがone of the mostの意味するところなのだろう。

例えば、星3つが3段階グレードの最上位だとする。そこには複数のレストランやホテルが対象になっていても、何ら問題はない。ISO 9004のQMS成熟度モデルは5段階評価である。その最上位のレベル5に該当する組織は、もちろんたくさんあって構わない。

言う人によって、評価基準は異なるだろうが、自分なりに一番上位のグレードを想定し、その中に含まれる複数の対象の中の1つが、one of the mostのニュアンスに違いない。でも、そのニュアンスって、日本語で出せる?

自分の評価基準に、一般に広く認知されている評価基準を採用した場合(例えば、ミシュランやISOなど)、相手に対する説得力が増す。だから、「最高」と言わず、「最高級」と言うようになったのだろう。

3件のコメント

  1. 私も中尾さんと同じ疑念を持ち続けてます。
    one of the mostってやはり矛盾しているように思えてしまう。
    the mostは、only oneのはずですよねぇ。
    でも、英語ピープルたちがよく使う表現だから、
    言語学的には仕方がない。
    最近は、複数いる横綱みたいなもんだと、悟ってます。

  2. そもそも最上「級」って言うくらいですからねー(*^^)v
    だからmostは最初から「級」を、
    つまりclassを意味してたんでしょうねー(@^^)/~~~
    唯一のTopってわけじゃないのにそう思ってた・・・かな?

コメントはできません。