本邦初のVDA規格解説書(電子書籍)をAmazonから発行

shioda_vda_cover長年自動車業界向けに品質コンサルティングを実施してこられた塩田保氏執筆による電子書籍『VDA規格体系のすべて 〜ドイツ自動車業界とのビジネス進展の必須事項』(発行:システム規格社)がこのほどAmazonサイトから販売されました。価格は500円(税込み)です。

ドイツ自動車工業会(VDA)の規格体系についての解説書は、おそらく本書が本邦初でしょう。というよりも、VDAのどんな規格についても、一般に市販されている日本語解説書はこれまでありませんでした。限定的に入手できるものとしては、研修機関やコンサルタントが個別に発行しているクライアント向けのテキストくらいでしょう。それだけに本書発行の意義は非常に大きいと思います。

VDA規格は日本において、ドイツ自動車メーカーと取引のある会社の品質担当者以外にはあまり知られていないのですが、品質マネジメントに関するものだけでも非常に広範囲な側面をカバーしており、AIAG(全米自動車産業協会)発行のコアツールマニュアルに匹敵するような内容です。本書はその中から著者が重要と考えるものをピックアップして解説したものです。VDA規格には、品質マネジメントシステムの改善に関わる非常に多くの示唆が含まれており、どの企業にとっても有益なものと考えます。ぜひこの機会にVDA規格の体系に触れてみてください。

本書の目次構成は下記の通りです。
第1章 VDA規格体系の概要
第2章 VDA6.3 プロセス監査
第3章 新規部品の成熟レベル保証
第4章 製造工程および製品承認プロセス
第5章 製品および工程FMEA
第6章 ロバスト生産工程
第7章 サプライヤーマネジメントおよび変更管理
第8章 まとめ 〜対ドイツ自動車メーカービジネスにおける留意点〜

著者:塩田保(写真:しおだ・たもつ)氏は、Underwriters Laboratories Inc. にて審査登録業務に携わり、QS-9000審査のパイオニアとして、また環太平洋地域における統括責任者として活躍。現在、トライザック株式会社・代表取締役社長として、自動車業界に特化したトレーニング・コンサルティングを提供。顧客固有要求事項やVDA規格など、オンサイトトレーニングを中心としたユニークなサービスを提供しています。