エネルギーマネジメント国際規格最新動向

月刊アイソス2020年12月号(277号 2020年11月10日発売)の特集は「EnMS 国際規格 最新開発動向と活用の奨め」です。ISO 50000(エネルギーマネジメント)シリーズの開発・改訂を審議しているISO/TC301では新たな規格開発に取り組んでいます。日本からは、ISO 50009「複数組織が実施する共通のエネルギーマネジメントシステムのガイダンス」(現在FDIS段階)と「エネルギーマネジメント進捗度の測定」(新規提案としてISOで9月に可決)の2規格が提案され、現在審議中です。本特集では、EnMS(エネルギーマネジメントシステム)国際規格開発の現状と今後の計画、前述した日本発の2規格の紹介、日本の省エネルギー法とEnMS規格との関係、SDGsに紐付けたエネルギーマネジメントへの取組み、日本企業の今後のエネルギーマネジメントの在り方などについて、ISO/TC301国内委員会委員の方々に執筆いただきました。
 
NEWS & REPORTSでは、ISOマネジメントシステム規格(ISOMS規格)の世界における認証数を調査した『The ISO Survey 2019』の内容を紹介します。同調査は2019年12月31日までに世界で発行された認証数を集計したもので、対象となった12規格の認証数の合計は135万7,241件であり、2018年末時点の130万7,603件よりも約5万件増えています。
 
Viewpoint this monthでは、BSIグループジャパンからリモート審査とオンライン研修についての取材記事を掲載しています。 BSIグループジャパンはコロナ禍でも一度も審査をストップさせず、2月中旬からリモート審査を部分的に導入し始め、5月時点で全審査の7割をリモート審査に切り替えました。BSIではリモート審査を3つのレベルに分けており、現在はモバイル技術を活用したレベル2の段階ですが、今後はスマートグラス技術を組み合わせたレベル3の段階を目指すとしています。また、BSIグループジャパンは、4月以降、JRCA承認コースを除き、全コースの9割をZoomを使ったオンライン研修に切り替えました。Zoomのインタラクティブな機能をフルに活用して、BSIの研修の特徴である「アクセラレーテッドラーニング」を継承・発展させているそうです。審査については、認証事業本部の本部長・西中宏氏と部長・中村良和氏から、研修については、営業本部教育事業部オペレーションマネージャーの椿加津代氏と研修講師の笹原雄大氏から話を聞きました。
 
以下、アイソス12月号の目次を紹介します。
 

 
アイソス 2020年12月号(277号 2020年11月10日発売)
 
特集
 
EnMS 国際規格 最新開発動向と活用の奨め
 
Part 1
エネルギーマネジメントシステム国際規格の現状と今後の開発計画
執筆/一般財団法人エネルギー総合工学研究所
石本 祐樹 (ISO/TC 301 国際エキスパート)
坂本 茂樹 (ISO/TC 301/WG14 主査)
 
Part 2
日本提案のエネルギーマネジメント国際規格
 
2-1
ISO 50009「複数組織が実施する共通のエネルギーマネジメントシステムのガイダンス」 
執筆/一般財団法人エネルギー総合工学研究所
坂本 茂樹 (ISO/TC 301/WG14 主査)
 
2-2
日本の新規提案「エネルギーマネジメント進捗度の測定」
執筆/横河電機株式会社 マーケティング本部 渉外・標準化戦略センター
池山 智之(ISO/TC301、IEC/TC65/JWG14、JWG17 国際エキスパート)
 
Part 3
日本の省エネルギー法とエネルギーマネジメント国際規格との関係
執筆/一般財団法人省エネルギーセンター 
国際協力本部特別参与 CEMSAR上級アドバイザー 石原 明
エネルギーマネジメントシステム評価登録センター(CEMSAR)所長 山田 富美夫
 
Part 4
エネルギーマネジメントの取組みをSDGsに紐付ける
執筆/IMS コンサルティング株式会社 代表取締役
寺田 和正
 
Part 5
日本企業におけるエネルギーマネジメントの今後の在り方について
執筆/国立研究開発法人産業技術総合研究所
ゼロエミッション研究戦略部 イノベーションコーディネーター 西尾 匡弘
 
 
NEWS & REPORTS
 
The ISO Survey 2019(その1)
世界の2019年末ISOMS認証数を発表
対象12規格すべての認証数が前年比増
本誌編集部
 
 
連載
 
■Viewpoint
 
Viewpoint this month リレー連載 第106回
Part 1 リモート審査
スマートグラスを活用したレベル3の段階を目指し
リモート審査のベストプラクティスを確立したい
取材先 BSIグループジャパン株式会社 認証事業本部
本部長/西中 宏 氏
部長・プロダクトマネージャー/中村 良和 氏
 
Part 2 “ライブ”オンライン研修
4月から全コースを“ライブ”オンライン研修に切り替え
Zoomでアクセラレイテッド・ラーニングを継承・発展
取材先 BSIグループジャパン株式会社 営業本部 教育事業部
オペレーションマネージャー/椿 加津代 氏
研修講師・教材開発マネージャー/笹原 雄大 氏
 
■Insight
 
ニッポンへの警告 周回遅れの現実を直視すべし
連載 第3回 IoTからIoF(Internet of Functions)へ 〜 閉じたPDCAの罠 〜
執筆/東京大学大学院 情報理工学系研究科教授 江崎 浩
 
品質に貢献する、IoT・デジタル化のための情報基盤
連載 第3回 情報基盤の構築事例
執筆/山下技術開発事務所 代表 山下 克司
 
COVID-19を踏まえた国際ルール形成の潮流
〜Before/With/Afterコロナにおけるルールの変化〜
連載 第3回 衛生分野のルール形成を通じた
With/Afterコロナの観光業再生における日本の突破口
執筆/デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 コンサルタント 光頼 篤樹
 
■QCツール
 
QC手法 7のヒミツ
連載 第3回 QC七つ道具(2)
執筆/東京大学名誉教授 飯塚 悦功
 
■マネジメント
 
組織を鍛えるマネジメント
〜変化への柔軟な対応〜
連載 第3回 不祥事はなぜ起こるのか 〜「人間性尊重」の意義〜
執筆/株式会社クオリティ・クリエイション 代表取締役
(元トヨタ自動車株式会社 TQM推進部長) 古谷 健夫
 
■内部監査
 
内部監査の実践 
連載 第9回 品質データを分析して事業活動のボトルネックを改善
執筆/株式会社LMJジャパン 主任講師 青木 明彦
 
■食品安全
 
認証機関からの提言
進化する食品安全マネジメントシステムを事業に活かすために
連載 第3回 食品安全マネジメントシステムがもたらす付加価値とは?
執筆/株式会社日本環境認証機構(JACO) 
食品ビジネスユニット 食品安全審査センター長 石岡 義之
 
■リスク管理
 
ISMS(ISO/IEC 27001)をベースにした企業のリスク管理
連載 第6回 ISMSを使いこなす(個人情報の漏えい等インシデントへの対応)
執筆/株式会社シーピーデザインコンサルティング 代表取締役社長 鈴木 靖
 
■SDGs
 
SDGs達成に貢献するISOマネジメントシステムとは?
連載 第3回 EMSにおけるSDGs達成の提案
執筆/マネジメントシステムアドバイザー 鈴木 信吾
 
■海外動向
 
ネットで読み解くリスクマネジメント海外事情
連載 第27回 COVID-19に勝利したベトナム
執筆/米戸 靖彦
 
 
And more
 
■全体目次
■書評
■ISO leading-edge trend
■編集後記/次号予告/広告目次など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です