施工品質マニュアルを全文掲載

アイソス2018年5月号(4月10日発行)は、建設業における「施工現場」に的を絞った品質マネジメント特集です。もちろんISO 9001:2015対応です。前半は、施工現場で2015年版に対応したQMSをいかに運営していくか、その仕組みと運用のポイントを解説しています。本特集に出て来る用語はすべて施工現場で使われている言葉です。「品質方針」ではなく「施工方針」です。「パフォーマンス評価」ではなく「施工実績の評価」です。「内部監査」ではなく「社内検査」です。後半は、「施工品質マニュアル」を全文掲載しています。「全文」というのは、2015年版の規格要求事項すべてに対応しているという意味です。このマニュアルは、巷に出回っているような規格を裏返したような言葉で書かれたものではなく、まさに現場で施工品質を維持・改善するために役立つ実践的な内容となっています。執筆者はISO規格を経営改革に翻訳する中小企業診断士・竹田将文さんです。一度ぜひご覧ください。