飯塚悦功氏の9005改正版連載スタート

iizuka_isos1.jpgJIS Q 9005:2014(品質マネジメントシステム- 持続的成功の指針)が12月22日に発行される予定だが、これに先駆けて飯塚悦功氏(写真:JIS Q 9005原案作成委員会委員長、東京大学名誉教授)によるJIS Q 9005:2014改正版に関する連載講座がアイソス1月号(12月10日発行)からスタートする。

この改正版は、2005年12月に発行されたJIS Q 9005(質マネジメントシステム – 持続可能な成長の指針)とJIS Q 9006(質マネジメントシステム - 自己評価の指針)を1つの規格としてまとめて発行されるもので、現行の9006に相当する内容は、9005の附属書として統合される。

今回の連載講座ではJIS Q 9005:2014について、改正経緯、9005の概要、各箇条及び附属書の詳細解説、活用のヒントなどを6回にわたって掲載する。