新日本金属のテーマは 「潜在的な事象の顕在化」

nagasimasan電気接点メーカーの新日本金属(本社・福岡県、写真:永島武仁社長)は本年3月、いち早くISO 9001:2015への移行を完了した。同社は2005年に初回認証して以来、ISO 9001の2000年版及び2008年版に取り組んできたが、2015年版は従来規格と比べ、規格要求事項がより企業業績に反映されやすいと判断し、今回の早期認証取得に踏み切ったという。2015年版の中では特に「顧客重視」「リスク及び機会への取組み」「パフォーマンス向上」の3つを重点項目とし、すべての要求事項の根底を流れる共通認識として、潜在的な事象の顕在化をテーマとして掲げている。アイソス9月号(8月10日発行)では、永島社長自らの執筆にて、新日本金属の2015年版への取り組みをで紹介している。
kenzaika