「ウェブ時代をゆく」に影響されて(最終回)

米 「ニューヨーク・タイムズ」紙(2007年5月13日)に掲載された記事全訳の最終回(6回目)です。本編の締めくくりと して、冒頭に登場したコールトンよりも10歳以上も若いアーティストが登場します。彼らは、生粋の「アーティスト 2.0」で、その仕事ぶりはまるでビジネスマネージャーのようです。

 

米「ニューヨーク・タイムズ」紙
2007年5月13日に掲載された記事
「セッ クス、ドラッグ、そしてブログを更新すること」

その6

インターネットは、ミュージ シャンや作家になる人のタイプを変えるだろうか? このようなオンラインのトレンドは、ダーウィン的進化とみなすこともできるだろう。なぜなら、このトレ ンドは、「アーティスト 2.0」と呼ぶべき新種を必然的に生み出し、スポットライトを避ける繊細なボヘミアン的魂を最後のアーティストとして記録するだろうから。

「ラ イ麦畑でつかまえて」の中でJ.D. サリンジャーは、良書を読むとその著者に電話をかけて話をしたくなる理由について書いている。それは、今日のオンラインの衝動を見事に予 測している。しかし、隠遁生活に傾倒していたサリンジャーは、何でも明け透けにしゃべるこの新しい世界にいることに、1分ともたなかった。そういえば、カーボーイ・ジャンキーのマーゴ・ティミンズも同じだ。彼女は当 初、ステージの後側に向いて座るほど、観衆に怯える歌手だった。このような人たちが追い払われてしまうと、アートはどうなるだろうか?

と はいえ、これはごく自然に時代の転換点に入っただけのことであり、次世代のミュージシャンやアーティストたち─明らかに繊細な人も含めて─は、自分たちの ファンの存在をごく普通に受け止めている。

心理的展望は、議論の余地なく、20歳以下に向けられている。多くのティーンエージャーは今、 自分を「私人」とみなしており、携帯電話のカメラで撮った写真を使って日々の行動をあからさまに「フェースブック」 や「ライブジャーナル」に掲載している。この世代にとって、公私の境目はほとんど存在しないかのようにぼやけている。マイスペースのページを持っているティーンエージャーたちのほとんどが、友達に なってくれとせがむ何十人もの半匿名人たちの取り扱いを処理するのに堪能である。もし、その数が何百、あるいは何千に跳ね上がったとしても、彼らにとって はたいしたことではない。現実の世界では引きこもっている人も、自己表現や自己改革の場として使えるインターネットでは、花を咲かせていることもあるのだ から。

estこの記事を書くために調査をしている間、私は時々、マイスペースで最も「フレンド」数が多いバンドの上位ランキングリストをチェッ クした。上位陣の1つにザ・シーン・エステティック(写真)と 呼ばれるデュオがある。彼らは、マイスペースにおいて、フォーク、ポップ、ロックという複数のチャートで数カ月間トップの座にいた。私は、グループの共同 創立者である、シアトル在住の21歳、アンドリュー・デ・トレスに電話をして、彼の経歴を確かめた。

デ・トレスは、10代の頃はエモ(emo)・バンドとし て演奏活動をしていて、2つの男声の掛け合いが要求される曲を書いた2005年1月に、ザ・シーン・エステティック結成を思い立った。彼は友人のエリッ ク・ボーリーに電話を入れ、ボーリーの家の地下室でその日の午後のうちに、「Beauty in the Breakdown」という切ないバラードをレコーディングした。何人かは聞いてくれるだろうと思って、彼らはその曲をマイスペースにアップした。ところ がその曲は、マイスペースの10代のヘビーユーザーの心をとらえ、数日のうちに数千回も再生された。デュオの「フレンド」になりたいというリクエストが、 もっと曲を作ってほしいというメッセージを伴って、どっと押し寄せてきた。デ・トレスとボーリーはすぐさま3曲をオンラインに投入した。その間に大きく なったファン層は、彼らにフルアルバムの発売とコンサートツアーの実施を促した。

私との電話の中でデ・トレスはこう言った。
「ほ んと、偶然巨大な出来事に足を踏み入れたような感じだった。僕たちはほんのちょっとした企画のつもりだったんだ。たいしたことにはならないと思っていた。 だって、オンラインに1曲流しただけだよ」

今年(2007年)の夏に彼らのアルバムが発売される予定である。彼らの曲はマイスペースで1 日にだいたい2万2千回再生され、彼らの「フレンド」の数は18万人を超えている。昨年(2006年)12月で終了した大陸横断ツアーで、彼らは「かなり 高額なお金」(デ・トレス)を稼いだ。

このようなキャリアの急上昇は、以前は不可能なことだった。もしあなたが歌手で、一本だけ優れた曲 を持っていたとしても、それを独力によって世界規模で発表する方法はなかったし、あなたの才能を受け入れるマーケットがあるかどうかも知る由がなかった。 しかし、オンライン・ファンの住む世界は、異なった重力物理学が働いている。1つのシングル曲が元で、ザ・シーン・エステティックはミュージック・キャリ ア全体に一気に弾みをつけたのである。

新しいオンライン・ファンの世界の最終結論はたぶん、アーティストが自分の感情を正しく表現できる 道具を持ち、それで成功するための新鮮なルートができているということだろう。

コールトンザ・ホールド・ステディーよりも10歳かそれ以上若いデ・トレス は、生粋の「アーティスト 2.0」だ。デ・トレスは、「売れない時期も含めて、あなたの作品のすべてが好き」と彼に言うティーンエージャーからのメモを、1日2時間以上かけて、喜 々として読んでいる。彼は、聴衆にはオトリが必要なことを知っている。だから、彼はマイスペースに自分の作品のいくつかを発表しなくてはならない。しか し、最終的には自分のアルバムを人々に購入してほしいので、自分の持ち歌すべてを無料でマイスペースに提供したくはない。そこで彼は、「完璧にマイスペー ス向けの曲」というものを開発した。それは、すぐに受けそうな曲ではあるが、近日発売される彼のアルバムの中では必ずしも最強とは言えない曲である。デ・トレスに とって、ミュージシャンの仕事は、自伝作者とグループ・セラピストを兼ね合わせ、かつ政治家としての手腕も隠し持っているビジネス・マネージャーの仕事 と、かなり似通っている。

(今回で連載は終了です。読んでくれて、アリガト!)

KJ法の川喜田喜美子さんと話す

kjhon最近、KJ法に凝っています。
一度、本家に話を聞いてみようと思い、
KJ法本部・川喜田研究所に電話を入れてみました。

「はい、何でしょう?」
ドスのきいた女性の声に、はやくもビビリました。

 

「あのー、すみませんが、KJ法について、勉強したいのですが・・・」
「そもそも、あなたはKJ法がどのようなものかご存じですか?」
「はい、えーと、『続・発想法』は読ませていただきました」
「あっ、そう。で、おたくの会社は何をやっておられる会社で、
あなたはどういうポジションにおられる方で、
KJ法を使ってあなたは何をやりたいと思っておられるのですか?」
矢継ぎ早の質問におどおどしながら、
自分はマネジメントシステムを扱う出版社の社長をやっており、
KJ法を使って編集企画のアイデア出しをやりたい旨を伝えました。
「そう! それならKJ法がいいですよ!
ぜひ、KJ法をおやりになればいいわ!
KJ法の優れたところはねェ・・・」

そう言ってからの1時間はぶっ通しのトークでした。
KJ法を導入した企業がどんな成果をあげているか、
KJ法をまねた手法が横行してどんなに困っているか、
KJ法のセミナーはいろんなところで開催されているが、
本家のうちのセミナーがやっぱりいい、
という人がどんなにたくさんいるか。

ですが、時々、話がそれます。

「ところで、あなたはマネジメントシステムが専門ですか?
きっと頭がよろしいんでしょうね?
東大の大学院を出ておられるのではないですか?」
「いえ、違いますけど」
「あっ、そう」

「ところで、あなたの会社はどこにありますか?」
「西新橋です」
「西新橋。ふーん、西新橋ねえ。
私、わかりますよ、あのあたり、西新橋」

言いたいことを全部しゃべって、落ち着かれたのか、
電話を切る前に、しっとりとこう言われました。
「わたくし、川喜田喜美子と申します」

KJ法考案者・川喜田二郎氏の奥様でした。
現在、KJ法本部・川喜田研究所の所長をやっておられます。
写真は川喜田 喜美子/高山 龍三【編著】による 『川喜田二郎の仕事と自画像―野外科学・KJ法・移動大学』(ミネルヴァ書房)

「8.5.2 是正処置」

「8.5.2 是正処置」の中の f)をみてみましょう。
「f) 是正処置において実施した活動のレビュー」

これではいったい、活動の何をレビューするのかわからない。
そういったコメントがISOに寄せられ、
結局、「活動の有効性のレビュー」にしようということになりました。
最終形は次の通り。
「f) 是正処置において実施した活動の有効性のレビュー」

もちろん、これには反対の声もあがりました。
ISO 9000:2005の「レビュー」の定義は次のようになっています。
「設定された目標を達成するための検討対象の
適切性、妥当性、及び有効性(3.2.14)を
判定するために行われる活動」

つまり、「レビュー」の定義の中に「有効性」が含まれていますから、
「有効性のレビュー」とすると、意味が重複してしまいます。

ですけど「有効性のレビュー」という表現が採用されました。
なぜでしょう。
これはやはり、前回でも述べたOutput Matters潮流でしょうね。
重複してもいいから、QMSの有効性をとにかく強調したいのでしょう。

野に咲くEMS

narasakiface夜中の2時。
ゴミ収集車で現場に向おうとしていた社員Aさんを、
社長が呼び止めました。
「Aさん、この方を一緒に乗せてあげてください」
助手席に乗り込んできたのはEMS審査員(楢崎建志さん:写真)です。
Aさんは、今日審査があるとはまったく聞いていませんでした。

 

「会社のありのままを見てほしかったので、
社員には審査がある日を連絡していませんでした」
廃棄物収集運搬業者・東清掃(大阪市)の山崎清次社長は、
ISO14001の実地審査の模様をこのように語ってくれました。

ISOに取り組み始めた頃、山崎社長は大きな悩みを抱えていました。
環境以前に、社員の遅刻や車両事故など、
経営上の問題が山積していたのです。
そんなとき、EMS審査員(山本芳華さん)から
「じゃあ、その経営上の問題を、
環境ISOの目標にすればいいじゃない」
ときっぱり言われて、目からうろこだったそうです。
それまで山崎社長は、ISO14001は環境ISOなのだから、
環境以外のことはやってはだめなんだと思っていたからです。

それからは取り組みが一変しました。
就業規則の作成や車両管理の手順作成、
遅刻防止のためのタイムカードの導入などを実施。
その結果、社員が辞めなくなり、遅刻がほとんどなくなり、
車両事故も大幅に減少したそうです。

山崎社長はEMS審査員補の資格を取るなど、
もともと環境ISOに非常に熱心な方です。
ですが、山崎社長の力だけでは、
ここまではできなかったかもしれません。
ここ一番で、ポンと背中を押してくれる
審査員の存在は大きいと思います。

「8.5.1 継続的改善」

QMSの有効性の改善は、
製品改善に結びついていないと意味がないのではないか。
これは世界のISOユーザーから問われているところです。

品質マネジメントシステム規格国内委員会が、
今月初めに発表した「ISO9001の2008年改訂について」の中で、
Output Matters についての議論が掲載されています。
(上記発表内容のPDFはこちら)
これによると、2008年版の序文には、
QMSの有効性を強調するための変更が行われていますが、
本文については、追補改訂作業の範囲を超えるために、
次回改訂で検討されるとしています。

ですから、「8.5.1 継続的改善」においても、
QMSの有効性を強調するような改訂は行われないでしょう。
ただ、ISOが行ったユーザーサーベイでは、
次のような意見が出ています。

「5.6.3 マネジメントレビューからのアウトプット」のb)には
「顧客要求事項への適合に必要な製品の改善」が出てきます。
原文では次の通りです。

improvement of product related to customer requirements

この improvement of product と「8.5.1」との関係を、
もっとはっきりさせてはどうか、
そういう意見が出ています。
これはぜひ、次回の改訂では取り上げてほしいと、
個人的には思いますが、みなさんはどうお考えでしょうか。

「8.4 データ分析」

「8.4 データ分析」では、参照先についての見直しが行われました。そのほかは変更ありません。

b)の参照先は「7.2.1 製品に関連する要求事項の明確化」 を「8.2.4 製品の監視及び測定」に変更。

c)には新たな参照先として「8.2.3 プロセスの監視及び測定」と「8.2.4 製品の監視及び測定」を追加。

さらに、d)にも新たな参照先として「7.4 購買」を追加。