「8.1 一般」

「8. 測定、分析及び改善」の「8.1 一般」では、
組織が監視、測定、分析及び改善のプロセスを計画し、
実施するべき対象として、a)、b)、c)の3つをあげています。
問題はこの中のa)です。
a) 製品の適合性を実証する。

「製品の適合性」って、変な日本語ですね。
意味がよくわかりません。
製品の何に対する適合性なのでしょうか。
原文をみてみましょう。

a) to demonstrate conformity of the product,

ああ、原文自体があいまいな表現のようです。
ここは「製品に関する要求事項への適合性」とするべきですね。
となると原文は、

a) to demonstrate conformity to product requirements,

となるのではないでしょうか。

同じ年に出た9005/6とSIGMA

10月21日、JIS Q 9005/9006導入企業による事例が、
日本規格協会の恒例行事である
「標準化と品質管理全国大会」で発表されます。
このJIS Q 9005/9006プロジェクトは、
同規格の前身であるTR Q 0005/0006の時期も含むと、
5年以上も続いているロングラン企画で、
国の助成金を得て実施されているものです。

この時期になると、TR Q 0005/0006が発行された
2003年1月の状況を 思い出します。
ご存知の通り、この規格はISO9004次期改訂版
(2009年発行予定)への採用も狙って開発されたものです。
TRの原案ができたとき、その英語版を持って、
経済産業省の担当官がBSIを訪れました。
ISO9004の規格審議を行っている
ISO/TC176のWGの議長国が英国だからです。
そのときの状況を聞くため、
私はその担当官を、帰国後すぐに取材しました。
担当官はBSIに「今度、9004の次期改訂版として、
このような規格を日本から提案するので協力してほしい」
とお願いしたそうです。
BSI側は快諾してくれました。
「BSIは、えらく簡単に賛成してくれたものですね」と、
私がその担当官に聞くと、彼は、
「BSIは今、9004よりもシグマのほうに
関心が向いているからね」と答えました。

ここでいうシグマとは、SIGMAガイドラインのことです。
このガイドラインの最終版は、
日本のTRが発行された同じ年の9月にWeb上に発表され、
今も無料でダウンロードできます。
日本のTR Q 0005/0006も、英国のSIGMAも、
持続可能なマネジメントのためのガイドラインですが、
前者は高成熟度QMSに限定されたコンテンツであり、
後者は経営に関するあらゆるマネジメント・コンテンツを
関連させるためのポータルサイトです。

2003年の時点で、両国の標準への方向性は異なっていました。

TR Q 0005(左)とSIGMA Guidelines

「ウェブ時代をゆく」に影響されて(2)

米「ニューヨーク・タイムズ」紙(2007年5月13日)に掲載された記事全訳の2回目です。コンサートとCD録音が主活動の既存のアーティストと、ブログやSNSを駆使して一気にファン層を拡大し、かつファン一人ひとりと親密な間柄になっているオンライン・アーティストとの格差を見事に描写しています。
米「ニューヨーク・タイムズ」紙
2007年5月13日に掲載された記事
「セックス、ドラッグ、そしてブログを更新すること」

その2

jonasanジョナサン・コールトン(写真)のファンは、彼の販売促進部門でもある。彼らは世界中にコールトン教を布教する何千もの部隊だ。50人を超えるファンが、コールトンの曲を使ったミュージックビデオを作成し、それをユーチューブに載せている。最近の演奏については、彼の聴衆で、かつて私が話したことがある人たちの半数は、彼のファンが作ったビデオを通して、彼の曲にまともに出会った人たちだった。

コールトンは演奏するとき、コンサートツアーの伝統的な論理をひっくり返す。彼のようなブルックリンを活動拠点とする新人アーティストは、通常ならば、最初は3人、次は10人、そして運が良ければその次は50人と、少しずつ聴衆を増やすため、ボストン、ニューヨーク、シカゴといった北東部周辺の決められた枠内を行き来しながら演奏を行う。しかし、コールトンは、自分のオンライン上の聴衆の数を集計し、彼らがどこに住んでいるかを知っているので、ファンが100人以上いて、そこでコンサート収入1,000ドルを得ることができそうな町に戦略的な攻撃をしかけることができた。これは、コンサートツアーにおけるフラッシュモブ・アプローチ(flash mob:ウェブでの呼び掛けに応じた参加者が特定の場所に集まって何らかのアクションを行い、すぐに解散する新世代のパフォーマンス)といえるだろう。例えば彼は、最近彼が140のソールドアウトクラブに対して演奏したように、人里離れたペンシルベニア州のアードモアのような町を攻める。

コールトンのファンは彼を必要としているし、コールトンも彼のファンを必要としている。それが、彼が毎日活動する理由だ。すなわち、朝起きて、コーヒーを飲み、PowerBookを開く時のあのバーンという音を立て、うずくまりながら6時間ノンストップでページの更新を行い、いつものようにへとへとになるまで彼のバーチャルな群衆とコミュニケートする。

ある日コールトンに会うと、彼は、自称「たわいもないことをしゃべるファン」の女性が、彼の曲「誰かが狂っている」のために作成したミュージックビデオをチェックしているところだった。それは、ユーチューブで上演されているアニメ画像のシーンを巧妙につなぎ合わせたものだった。

コールトンは驚嘆してこう言った。「彼女はこの作業に何時間も費やしている。今、彼女の友達はこのビデオを見ている。ユーチューブで上演されているアニメ画像のファンもこのビデオを見ている。そして、人々は僕をどのように見るだろうか。それがこの画像の非常に重要な点だ。だから、僕はこのビデオを見なければならないし、彼女に対して責任もとらなければならない」

彼は彼女に急ぎの礼状を打ち、そして別のサポーターのところへリンクした。そのサポーターは、英国在住で、コールトンのファンが作成したミュージックビデオのファイル保管を専門的に行っているウェブサイト「ジョナサン・コールトン・プロジェクト」の運営責任者である。

彼はコーヒーをすすりながら言った。
「人々は常に、僕がミュージシャンで、ギーターを演奏しながら座っており、それが僕の仕事だと思っている。でも、これが(パソコンのキーボードを演技っぽくクリックしながら)僕の仕事なんだ」

1990年代の半ば、アーティストは自分たちのファンと、たまにしか会えなかった。友好的なミュージシャンなら、公演の後で数人の聴衆のメンバーに対して挨拶をすることはあっただろう。そして、インターネットがやってきた。今ではファンは、自分のお気に入りの歌手にEメールを送るだけでは満足しない。彼らは現実に個人的な返信を期待している。これは単なる「親密幻想」ではない。

演奏しているアーティストは、特に新しく出たばかりか、もしくは苦闘しているミュージシャンは、たとえやけくそであっても、インターネットの枠組みにおける新しい社会的ルールに習熟することに、最近ますます熱心になってきている。

彼らは数多くの若いファン層が、MTV(米国の音楽番組専門ケーブルテレビ放送)や音楽雑誌に登場するバンドの演奏を、もはや聴いていないことを知っている。それに替わって、ウィルス性の口コミを通して評判が生まれる。例えば、ある友人がウェブサイトのアドレスに進み、MP3(音声圧縮方式)に変換して、ファンのブログにEメールを送るか、ユーチューブの携帯コンサートビデオに掲載することで。

すなわちミュージシャンは、自分のブログに告白的なエッセイを書き、ファンのコメントを読んで、注意深く返事を書くという、エキサイティングな状況に飛び込むことになる。

彼らは、MySpace(ソーシャル・ネットワーキング・サービス〈SNS〉の1つで音楽マニアがコア会員、世界中に会員がいて、2008年5月時点でアカウント数は2億人を超える)にある自分の個人ページをチェックする。MySpaceは、無名のバンドやコメディアン、作家たちが、毎日何時間もかけて注力することによって人気の起伏が連続発生し、数日中に世界的な名声を得ることができる仮想大都市である。

バンドメンバーはしばしば、その日のMySpaceの「bulletin(お知らせ)」に、彼らがその瞬間にまさに何をしているかを聴衆に説明するメモを書く。そして彼らは、オンライン仲間で作っているアーティストに関する壮大なリストに載ることを望んでいるティーンエージャーからの「フレンドリクエスト」に対応するために、数時間以上を過ごす。実際、「フレンド」を獲得するための競争は非常に激しいので、あるアーティストたちは不正にも、人工的に自分たちの作品を応援する、数百人もの偽の「オンライン・フレンド」をソフトウェアロボットを使って作り出している。

ポップグループのBarenaked Ladiesは、「Wind It Up の曲に沿ってファンがエアーギターを演奏すること」を課題にしたビデオコンテストを開催した。最優秀作品は、その曲の公式ミュージックビデオとして一緒に発表されている。

インターネットのクルーを獲得できないアーティストは一掃される。英国のバンド、Arctic Monkeysは、MySpaceが何であるかを知らなかった。しかし、彼らのファンが2005年に彼らのためのページを作ってくれ
た。現在では、6万5,000人の「フレンド」を誇っている。MySpaceの彼らのページは、彼らのファーストシングル「I Bet You Look Good on the Dancefloor」を英国ヒットチャート第一位に押し上げた。

この傾向はミュージシャンに限らない。芸術的な試みのどの仮想ジャンルもまた、ゆっくりと影響を受けつつある。ケヴィン・スミス(「クラークス」1994など)やライアン・ジョンソン(「ブリック」1997など)のような監督は、彼らが撮った映画の特報を投稿し、彼らのファンの提案に真摯に耳を傾けている。

また、コメディアンのデイン・クックは、彼のウェブサイトを通じて非常に多くのファン層を培っているので、2005年発売の彼の最初のコメディーアルバム「復讐」は1978年以来のビルボードのトップ5に入った。

ミュージシャンは変革の先陣を切っている。彼らの3分間の曲は、インターネットによって完全に変貌した大衆文化の最初の作品だ。そして、彼らの2番目の収入源であるツアーは、遠隔地のファンと結び付けるための強い動機付けを与える。
(次回に続きます)

「ウェブ時代をゆく」に影響されて(1)

umedasan私がブログを始めようと思い立ったのは、梅田望夫(写真)著「ウェブ時代をゆく」の影響です。中でも、同書に登場するアメリカのオンライン・アーティストたちの話には、胸を鼓舞するものがありました。

プログラマーだったジョナサン・コールトンが、一発奮起してフルタ イム・ミュージシャンになり、自分のブログを開設して、そこで自作の曲のダウンロードやCD販売などで生計を立てるまでの話が出てきます。それは、米「ニューヨーク・タイムズ」紙の記事(2008.5.13)が元ネタになっています。非常に刺激的な記事なので、全文の私訳を掲載したいと思います。ただ、長文なので、6回に分けて紹介することにします。

米「ニューヨーク・タイムズ」紙
2007年5月13日に掲載された記事
「セックス、ドラッグ、そしてブログを更新すること」

その1

ジョナサン・コールトンは、ブルックリンの「ゴリラコーヒー」のシートに腰掛け、アップルのパワーブックを自分の前に開き、その日のメールをせっせと処理し始めた。彼は36歳、ひげの濃いハンサム。2005年9月、彼はコンピュータープログラマーとして勤務していた会社を辞め、妻の収入をあてにしながら、フルタイムのシンガーソングライターになった。そのとき彼は、自分にまったく無茶な目標を課した。それは、週1曲ペースで作品を作り、レコーディングし、自分のブログに掲載するというものだった。

「それは曲作りのためにとった強行なアプローチの1つだった」
彼は、カプチーノの泡立てる音がする店内で私にそう言った。彼は常にフルタイム・ミュージシャンであることを望んでおり、それが根本的な変革なしには実現できないことが分かっていたので、そのアプローチが彼がとるべき唯一の方法だったのだ。
「僕は、まったく何もなくても、歌というのは絞り出すことができるということを学んだ。ただ、いつも簡単で楽しいプロセスとは言えないけどね」

自ら時間制限を課して作り上げた週1回ペースの作品、これは注目すべき商品である。彼の曲はオタクっぽくて、機知に富んだポップ・ミュージックである。例えば「狂ったトム・クルーズ」は、著名なアイドルスターに共感する叙情詩であり、一方、「コードの猿」は、袋小路に陥ったプログラミングの仕事についての哀歌である。

2006年の半ば、彼のあるプロジェクトが大規模の聴衆を引きつけた。1日平均3.000人を超える人々が彼のサイトを訪れ、彼のヒット曲が50万回ほどダウンロードされた。それにより、彼は、ITunesと自らのサイトでのダウンロード曲とCDの販売で、月収3,000〜5,000ドルを稼ぎ、自称「中流クラス」の生活を実現した。

コールトン曰く。
ここに至って、多くの小規模レコードアーティストたちは、気づき始めたようだ。コールトンのファンが、単に彼の曲をタダで聴きたいから、彼のサイトを訪れるのではないことに。

コールトンのファンたちは、彼と友達になりたがっているのだ。これはつまり、ファンは、彼とオンラインを通じて終日交流したがっているということだ。ファンはコールトンのブログ記事に夢中になり、共感したコメントを寄せ、彼が曲作りに困っていると、いつも支援してあげようとする。

1日に何回もEメールを送ってくるファンもいる。その内容たるや、「You rock!」の歌詞から取った簡単な短いラブレターから、力強い情熱的な手紙まである。中でもある男性ファンは、生後6カ月の自分の娘が心臓手術を受けている間、コールトンのラブソングの1つを歌って聴かせたことを手紙に書いてきた。

コールトンは1日に100通ものEメールを受け取るが、そのすべてに返事を書く。だが、その返事はどんどん簡単なものになっていく。無愛想な返事になってきたことについて、彼は今、後ろめたい気持ちになっている。

コールトンはファンの熱狂的な関心を歓迎している。実際、彼はほとんど共生的な方法で、ファンに頼っているのだ。彼は「Shop Vac」(彼が郊外移住者の不安について書いたギター・ポップ・ミュージック)のギター演奏ができなかったとき、自分の役立たずなソーセージのように太い指を呪ったものだった。そして彼は、ブログの読者にレコーディングをやって欲しいと頼んでみた。すぐにオンライン投票が行われ、勝ち残ったソロ演奏がコールトンの曲に挿入された。

コールトンの支援者たちは、彼の仕事をより広範囲にサポートするため、ボランティアで時間をさいている。例えば、クレベラント在住のプロのグラフィックアーティストは、毎週発表される彼の曲のイラストを、無料で描いている。あるファンは最近、コールトンの曲をカラオケで使えるようにフォーマットを施した。2007年6月、コールトンは、自らのサイトのディスカッション・ボードで、自分の音楽でもっとお金を稼ぐ方法はないかと助言を求めたところ、何十人もの人々が議論に入ってきて、コンサートツアーやメディアの管理方法、さらに彼がどんな種類の曲を書くべきかについてまで、そのコツを伝授してくれた。▼

 

(明日へ続きます)

OKI 有効性にこだわる監査

enomoto.jpg今日はOKI・通信事業グループにおける内部監査への取り組みを取材しました。対応いただいたのは、ビジネスサポート本部・IPシステム品質保証部の榎本浩二担当部長と青柳礼子担当課長。

aoyagi.jpgとにかく改善の手を休めない人たちです。今日お聞きした取り組み内容は、数年後にはもう次のステージに進んだ内容になっていることでしょう。どんなにすばらしい仕組みやツールでも、数年経つともうパワーがなくなってくる、マンネリになってしまう。それだけ、ビジネスの変化についていくことは、大変なことなのだと実感した次第です。この取材記事は、アイソス11月号に掲載する予定です。榎本さんや青柳さんが取り組んでおられる躍動的なQMSがお伝えできればと思います。