「ウェブ時代をゆく」に影響されて(2)

米「ニューヨーク・タイムズ」紙(2007年5月13日)に掲載された記事全訳の2回目です。コンサートとCD録音が主活動の既存のアーティストと、ブログやSNSを駆使して一気にファン層を拡大し、かつファン一人ひとりと親密な間柄になっているオンライン・アーティストとの格差を見事に描写しています。
米「ニューヨーク・タイムズ」紙
2007年5月13日に掲載された記事
「セックス、ドラッグ、そしてブログを更新すること」

その2

jonasanジョナサン・コールトン(写真)のファンは、彼の販売促進部門でもある。彼らは世界中にコールトン教を布教する何千もの部隊だ。50人を超えるファンが、コールトンの曲を使ったミュージックビデオを作成し、それをユーチューブに載せている。最近の演奏については、彼の聴衆で、かつて私が話したことがある人たちの半数は、彼のファンが作ったビデオを通して、彼の曲にまともに出会った人たちだった。

コールトンは演奏するとき、コンサートツアーの伝統的な論理をひっくり返す。彼のようなブルックリンを活動拠点とする新人アーティストは、通常ならば、最初は3人、次は10人、そして運が良ければその次は50人と、少しずつ聴衆を増やすため、ボストン、ニューヨーク、シカゴといった北東部周辺の決められた枠内を行き来しながら演奏を行う。しかし、コールトンは、自分のオンライン上の聴衆の数を集計し、彼らがどこに住んでいるかを知っているので、ファンが100人以上いて、そこでコンサート収入1,000ドルを得ることができそうな町に戦略的な攻撃をしかけることができた。これは、コンサートツアーにおけるフラッシュモブ・アプローチ(flash mob:ウェブでの呼び掛けに応じた参加者が特定の場所に集まって何らかのアクションを行い、すぐに解散する新世代のパフォーマンス)といえるだろう。例えば彼は、最近彼が140のソールドアウトクラブに対して演奏したように、人里離れたペンシルベニア州のアードモアのような町を攻める。

コールトンのファンは彼を必要としているし、コールトンも彼のファンを必要としている。それが、彼が毎日活動する理由だ。すなわち、朝起きて、コーヒーを飲み、PowerBookを開く時のあのバーンという音を立て、うずくまりながら6時間ノンストップでページの更新を行い、いつものようにへとへとになるまで彼のバーチャルな群衆とコミュニケートする。

ある日コールトンに会うと、彼は、自称「たわいもないことをしゃべるファン」の女性が、彼の曲「誰かが狂っている」のために作成したミュージックビデオをチェックしているところだった。それは、ユーチューブで上演されているアニメ画像のシーンを巧妙につなぎ合わせたものだった。

コールトンは驚嘆してこう言った。「彼女はこの作業に何時間も費やしている。今、彼女の友達はこのビデオを見ている。ユーチューブで上演されているアニメ画像のファンもこのビデオを見ている。そして、人々は僕をどのように見るだろうか。それがこの画像の非常に重要な点だ。だから、僕はこのビデオを見なければならないし、彼女に対して責任もとらなければならない」

彼は彼女に急ぎの礼状を打ち、そして別のサポーターのところへリンクした。そのサポーターは、英国在住で、コールトンのファンが作成したミュージックビデオのファイル保管を専門的に行っているウェブサイト「ジョナサン・コールトン・プロジェクト」の運営責任者である。

彼はコーヒーをすすりながら言った。
「人々は常に、僕がミュージシャンで、ギーターを演奏しながら座っており、それが僕の仕事だと思っている。でも、これが(パソコンのキーボードを演技っぽくクリックしながら)僕の仕事なんだ」

1990年代の半ば、アーティストは自分たちのファンと、たまにしか会えなかった。友好的なミュージシャンなら、公演の後で数人の聴衆のメンバーに対して挨拶をすることはあっただろう。そして、インターネットがやってきた。今ではファンは、自分のお気に入りの歌手にEメールを送るだけでは満足しない。彼らは現実に個人的な返信を期待している。これは単なる「親密幻想」ではない。

演奏しているアーティストは、特に新しく出たばかりか、もしくは苦闘しているミュージシャンは、たとえやけくそであっても、インターネットの枠組みにおける新しい社会的ルールに習熟することに、最近ますます熱心になってきている。

彼らは数多くの若いファン層が、MTV(米国の音楽番組専門ケーブルテレビ放送)や音楽雑誌に登場するバンドの演奏を、もはや聴いていないことを知っている。それに替わって、ウィルス性の口コミを通して評判が生まれる。例えば、ある友人がウェブサイトのアドレスに進み、MP3(音声圧縮方式)に変換して、ファンのブログにEメールを送るか、ユーチューブの携帯コンサートビデオに掲載することで。

すなわちミュージシャンは、自分のブログに告白的なエッセイを書き、ファンのコメントを読んで、注意深く返事を書くという、エキサイティングな状況に飛び込むことになる。

彼らは、MySpace(ソーシャル・ネットワーキング・サービス〈SNS〉の1つで音楽マニアがコア会員、世界中に会員がいて、2008年5月時点でアカウント数は2億人を超える)にある自分の個人ページをチェックする。MySpaceは、無名のバンドやコメディアン、作家たちが、毎日何時間もかけて注力することによって人気の起伏が連続発生し、数日中に世界的な名声を得ることができる仮想大都市である。

バンドメンバーはしばしば、その日のMySpaceの「bulletin(お知らせ)」に、彼らがその瞬間にまさに何をしているかを聴衆に説明するメモを書く。そして彼らは、オンライン仲間で作っているアーティストに関する壮大なリストに載ることを望んでいるティーンエージャーからの「フレンドリクエスト」に対応するために、数時間以上を過ごす。実際、「フレンド」を獲得するための競争は非常に激しいので、あるアーティストたちは不正にも、人工的に自分たちの作品を応援する、数百人もの偽の「オンライン・フレンド」をソフトウェアロボットを使って作り出している。

ポップグループのBarenaked Ladiesは、「Wind It Up の曲に沿ってファンがエアーギターを演奏すること」を課題にしたビデオコンテストを開催した。最優秀作品は、その曲の公式ミュージックビデオとして一緒に発表されている。

インターネットのクルーを獲得できないアーティストは一掃される。英国のバンド、Arctic Monkeysは、MySpaceが何であるかを知らなかった。しかし、彼らのファンが2005年に彼らのためのページを作ってくれ
た。現在では、6万5,000人の「フレンド」を誇っている。MySpaceの彼らのページは、彼らのファーストシングル「I Bet You Look Good on the Dancefloor」を英国ヒットチャート第一位に押し上げた。

この傾向はミュージシャンに限らない。芸術的な試みのどの仮想ジャンルもまた、ゆっくりと影響を受けつつある。ケヴィン・スミス(「クラークス」1994など)やライアン・ジョンソン(「ブリック」1997など)のような監督は、彼らが撮った映画の特報を投稿し、彼らのファンの提案に真摯に耳を傾けている。

また、コメディアンのデイン・クックは、彼のウェブサイトを通じて非常に多くのファン層を培っているので、2005年発売の彼の最初のコメディーアルバム「復讐」は1978年以来のビルボードのトップ5に入った。

ミュージシャンは変革の先陣を切っている。彼らの3分間の曲は、インターネットによって完全に変貌した大衆文化の最初の作品だ。そして、彼らの2番目の収入源であるツアーは、遠隔地のファンと結び付けるための強い動機付けを与える。
(次回に続きます)

「ウェブ時代をゆく」に影響されて(1)

umedasan私がブログを始めようと思い立ったのは、梅田望夫(写真)著「ウェブ時代をゆく」の影響です。中でも、同書に登場するアメリカのオンライン・アーティストたちの話には、胸を鼓舞するものがありました。

プログラマーだったジョナサン・コールトンが、一発奮起してフルタ イム・ミュージシャンになり、自分のブログを開設して、そこで自作の曲のダウンロードやCD販売などで生計を立てるまでの話が出てきます。それは、米「ニューヨーク・タイムズ」紙の記事(2008.5.13)が元ネタになっています。非常に刺激的な記事なので、全文の私訳を掲載したいと思います。ただ、長文なので、6回に分けて紹介することにします。

米「ニューヨーク・タイムズ」紙
2007年5月13日に掲載された記事
「セックス、ドラッグ、そしてブログを更新すること」

その1

ジョナサン・コールトンは、ブルックリンの「ゴリラコーヒー」のシートに腰掛け、アップルのパワーブックを自分の前に開き、その日のメールをせっせと処理し始めた。彼は36歳、ひげの濃いハンサム。2005年9月、彼はコンピュータープログラマーとして勤務していた会社を辞め、妻の収入をあてにしながら、フルタイムのシンガーソングライターになった。そのとき彼は、自分にまったく無茶な目標を課した。それは、週1曲ペースで作品を作り、レコーディングし、自分のブログに掲載するというものだった。

「それは曲作りのためにとった強行なアプローチの1つだった」
彼は、カプチーノの泡立てる音がする店内で私にそう言った。彼は常にフルタイム・ミュージシャンであることを望んでおり、それが根本的な変革なしには実現できないことが分かっていたので、そのアプローチが彼がとるべき唯一の方法だったのだ。
「僕は、まったく何もなくても、歌というのは絞り出すことができるということを学んだ。ただ、いつも簡単で楽しいプロセスとは言えないけどね」

自ら時間制限を課して作り上げた週1回ペースの作品、これは注目すべき商品である。彼の曲はオタクっぽくて、機知に富んだポップ・ミュージックである。例えば「狂ったトム・クルーズ」は、著名なアイドルスターに共感する叙情詩であり、一方、「コードの猿」は、袋小路に陥ったプログラミングの仕事についての哀歌である。

2006年の半ば、彼のあるプロジェクトが大規模の聴衆を引きつけた。1日平均3.000人を超える人々が彼のサイトを訪れ、彼のヒット曲が50万回ほどダウンロードされた。それにより、彼は、ITunesと自らのサイトでのダウンロード曲とCDの販売で、月収3,000〜5,000ドルを稼ぎ、自称「中流クラス」の生活を実現した。

コールトン曰く。
ここに至って、多くの小規模レコードアーティストたちは、気づき始めたようだ。コールトンのファンが、単に彼の曲をタダで聴きたいから、彼のサイトを訪れるのではないことに。

コールトンのファンたちは、彼と友達になりたがっているのだ。これはつまり、ファンは、彼とオンラインを通じて終日交流したがっているということだ。ファンはコールトンのブログ記事に夢中になり、共感したコメントを寄せ、彼が曲作りに困っていると、いつも支援してあげようとする。

1日に何回もEメールを送ってくるファンもいる。その内容たるや、「You rock!」の歌詞から取った簡単な短いラブレターから、力強い情熱的な手紙まである。中でもある男性ファンは、生後6カ月の自分の娘が心臓手術を受けている間、コールトンのラブソングの1つを歌って聴かせたことを手紙に書いてきた。

コールトンは1日に100通ものEメールを受け取るが、そのすべてに返事を書く。だが、その返事はどんどん簡単なものになっていく。無愛想な返事になってきたことについて、彼は今、後ろめたい気持ちになっている。

コールトンはファンの熱狂的な関心を歓迎している。実際、彼はほとんど共生的な方法で、ファンに頼っているのだ。彼は「Shop Vac」(彼が郊外移住者の不安について書いたギター・ポップ・ミュージック)のギター演奏ができなかったとき、自分の役立たずなソーセージのように太い指を呪ったものだった。そして彼は、ブログの読者にレコーディングをやって欲しいと頼んでみた。すぐにオンライン投票が行われ、勝ち残ったソロ演奏がコールトンの曲に挿入された。

コールトンの支援者たちは、彼の仕事をより広範囲にサポートするため、ボランティアで時間をさいている。例えば、クレベラント在住のプロのグラフィックアーティストは、毎週発表される彼の曲のイラストを、無料で描いている。あるファンは最近、コールトンの曲をカラオケで使えるようにフォーマットを施した。2007年6月、コールトンは、自らのサイトのディスカッション・ボードで、自分の音楽でもっとお金を稼ぐ方法はないかと助言を求めたところ、何十人もの人々が議論に入ってきて、コンサートツアーやメディアの管理方法、さらに彼がどんな種類の曲を書くべきかについてまで、そのコツを伝授してくれた。▼

 

(明日へ続きます)

OKI 有効性にこだわる監査

enomoto.jpg今日はOKI・通信事業グループにおける内部監査への取り組みを取材しました。対応いただいたのは、ビジネスサポート本部・IPシステム品質保証部の榎本浩二担当部長と青柳礼子担当課長。

aoyagi.jpgとにかく改善の手を休めない人たちです。今日お聞きした取り組み内容は、数年後にはもう次のステージに進んだ内容になっていることでしょう。どんなにすばらしい仕組みやツールでも、数年経つともうパワーがなくなってくる、マンネリになってしまう。それだけ、ビジネスの変化についていくことは、大変なことなのだと実感した次第です。この取材記事は、アイソス11月号に掲載する予定です。榎本さんや青柳さんが取り組んでおられる躍動的なQMSがお伝えできればと思います。

速報 QMS/EMS認証件数(08.06)

日本適合性認定協会(JAB)は本日、「品質・環境マネジメントシステム認証組織件数」をプレスリリースとして発表しました。これは、JABが3カ月ごとに実施している認証機関向けアンケート調査の結果をまとめたもので、今回は2008年6月末現在の集計結果です。

これによると、日本の全認証組織件数(JAB適合組織件数以外も含む)は、品質マネジメントシステム(QMS)で53,447件、環境マネジメントシステム(EMS)で25,474件です。

このアンケートの特長は、JABが調査しているとはいえ、JABから認定され ていない認証機関の認証件数もカウントされていることです。JAB適合組織の件数だけでは、日本の認証の実態は正確にはつかめません。というのも、JAB 適合以外の認証件数は、QMSで約1万件、EMSで約5千件もあるからです。

認証件数上位20機関を、件数の多い順に表にまとめてみました。表の中の「全認証組織件数」というのは、JAB適合組織以外の認証件数も含んでいます。「JAB適合組織件数(国内)」は、国内のJAB適合組織件数のみです。

 

0806_QMS.jpg

0806_EMS.jpg

第4回是正処置WS

審査道無風流(家元・日吉信晴)主催の「第4回是正処置ワークショップ」に参加しました。このワークショップは8月8日午後に東京都葛飾区にある、アムシック(コンサルタント会社)の事務所で開催されたものです。

主催者を含め、参加者は7人(家元さん、師範さん、道友さん、GAIさん、ファイアードマンさん、エビデンスさん、中尾)。素人の私を除くと、半分はコンサルタントで、半分は企業のマネジメントシステム関係者です。

ワークショップは2部構成になっており、前半は事例研究、後半は「是正処置をやる人の力量」をテーマとした、ブレーン・ライティング+KJ法を使っての実習でした。

 

webDOUIU_FAIR.jpg事例研究では、ある会社で実際に起こった品質トラブルに ついての是正処置を参加者みんなで考えました。

顧客がある製品を注文し、それを営業担当が受け、自社の工場担当者に伝え、工場から製品が出荷されたわけですが、顧客に届いた製品は注文とは異なっていました。

 

webTOMO_NOBU_GAI.jpg何が原因で誤出荷が起こったのか。それを探るため、「誤った製品が顧客に納品された」という事象を出発点として、顧客から引き合いがあった時点まで、業務フローを順番にさかのぼってみました。限られた情報の中で、業務フローから、「どうもこのプロセスがグレーゾーンだ」というのを、参加されたみなさんは、知 恵を出し合ってあぶり出しました。それは見事なものでした。

後半部のテーマは「是正処置をやる人に必要な力量」。まず、参加者は、ポストイットを30枚ずつ渡され、「是正処置をやる人に必要な、知っていなければならないこと、できなければならないこと、とらなければならない態度」について思いついたことを、1枚1分のスピードで書かされます。いわゆるブレーン・ライティングです。私の場合、20枚目以降になると、コト バが出てこなくて、頭がキリモミ状態でした。

さて、上記の方法で書かれ たカードは、KJ法で整理していきます。まず、参加者の1人が代表して、自分が書いた30枚のカードを1枚ずつ順番に 読み上げながら、大きな模造紙に貼り付けていきます。他の参加者は、読み上げられた内容とまったく同じか類似したものが自分 の書いたカードの中にあったら、そのカードを、読み上げられたカード のすぐそばに貼り付けます。同様のやり方で、他の参加者も読み上げていくと、最後には、模造紙の上に、カードが集まったグループがいくつかできあがります。

今度は、それらのグループにタイトル(KJ法の考案者である川喜田二郎氏は、このようなグループに付けるタイトルのことを「表札」と呼んでいます)を付けていきます。集められたカードの総称を、高校生でもわかるようなやさしいコトバで書きます。今回の作業では、「是正処置をやる人に必要な力量」として13のグループができましたから、13種類のタイトルを付けました。それは、「説明力」「データ分析」「事実をつかむ、思い込みに頼らない」「組織・仕事の流れ、キーマン」「効果確認」「相手のことを知る」「時間管理」「専門知識、固有技術、法規」「データ入手、情報入手」「リーダーシップ」「是正処置の必要性」「相手をその気によいしょできる」「人の話を聞く」です。

ここまで作業をやって、時間になりました。次回は、これらの表札をどのように展開していくかについて、みんなで考えていく予定です。

webparty.jpgワークショップが終わると、同じ場所で引き続き懇親会が開催されました。沸騰した頭をビールでクールダウンする時間です。会場はキッチン付きの事務所なので、主催者側の手作り料理と、参加者持ち込みのアルコールで、楽しい時間を過ごさせていただきました。この心なごむ雰囲気がいいですね。私は終電で帰りましたが、参加者のほとんどは泊まり込みのご様子でした。

なぜトヨタは成熟審査なのか

トヨタ自動車は、2007年に高岡工場でISO 14001の成熟審査を受け、
続いて下山工場でもトライする予定です。
成熟審査を受けるには、受審側に、
第三者審査を部分的に代替できるだけの内部監査力が必要です。
では、内部監査力のある組織はすべて、
成熟審査を受けるようになるかというと、全然そうではありません。
むしろほとんどの組織は、内部監査力があっても、
成熟審査は受けないでしょう。
では、成熟審査を受ける組織というのは、
どういう組織なのでしょうか。

toyota01web.jpg「認証を取ることを第一目的としない。取り組みの体質強化を第一目的とする」

今から9年前、トヨタ自動車環境部担当部長(当時の役職)・岩井哲郎さんは、このように述べています。
このコトバ、簡単な表現に見えますが、ある時期を迎えたとき、非常に重くなります。

それは、認証が体質強化につながらなくなったときです。
目的に厳格であるなら、そのような認証は辞退しなければなりません。
ところが、ちょうどよいタイミングで、
成熟審査という新たな制度が登場しました。
これなら、体質強化につながりそうです。

かつてトヨタ自動車は、
ISO9001の認証をある工場で取得したことがあります。
そして、役に立たないと判断するや否や、
すぐにその認証を取りやめました。
そういう前歴がある会社ですから、成熟審査が用意されていなければ、
ISO14001の認証を本当にやめていたかもしれません。

認証取得の前に、体質強化が第一の目的としてあること、
これがトヨタ自動車が成熟審査を受けた理由の1つでしょう。

岩井さんはまた、次のように述べています。
「継続的改善については、

 

社内環境監査で自ら評価できる力を持つことが重要である」

内部監査を通じて自己評価がきちんとできるようになれば、
自律的に継続的改善を回せますから、
認証取得を第一義に考えなくても大丈夫なわけです。
そうなると、組織としては、
内部監査を通じて、
自己評価がきちんとできているかに焦点を絞った審査、
すなわち成熟審査を希望するようになります。
内部監査力を第三者の目で評価してほしい、
これがトヨタ自動車が成熟審査を受けた2つ目の理由でしょう。

岩井さんが9年前に執筆された、
toyota03web.jpg

 

アイソスへの寄稿文の中には、
なぜトヨタ自動車が今、成熟審査に取り組んでいるのか、その鍵となるコトバが、随所に出てきます。
以下、その全文(アイソス1999年1月号、48ページ)を紹介します。
ぜひ、読んでみてください。
(写真はいずれも1996年1月にトヨタ自動車高岡工場で実施されたISO/DIS14001審査)

 

=================================================================

システムの考え方・運用次第でパフォーマンスは向上する 
─環境マネジメントシステムとパフォーマンス─

株式会社トヨタ自動車 環境部 担当部長 岩井哲郎

1 EMSとは

EMS(環 境マネジメントシステム)は、MS(経営システム)の一つであり、あきらかに経営のツールである。ツールである以上万能でもなく、使う人達の考え方で大き く結果が変わってくる。EMSだけでは意見を述べるにも際限がなくなるので、ISO14001のEMSを念頭に考えてみる。

キーワードで EMSの特徴をとらえると、トップダウン、全員参加、透明性、継続的改善などが浮かんでくる。特に継続的改善については、社内環境監査で自ら評価できる力 を持つことが重要である。当社では導入にあたって、「認証を取ることを第一目的としない。取り組みの体質強化を第一目的とする」ことで活動をスタートさせ た。EMSそのものは、経験から息切れを起こさないためにも無理はしない、スリムで合理的なシステムをできるだけ考えることが望ましいと思う。

EMS 構築について、企業によっては外圧で動く、日本社会の特徴を有するところもあると思われる。環境負荷の継続的改善などという考えは全くなく、ビジネス上外 部認証を取得するというケースであろう。きっかけはそれでも良い。サーベイランスで微々たることでも継続的改善に必ずつながると思う。

ただし、登録の範囲設定を狭め、できるだけ簡単に認証を取得する姿勢、行動に対しては、問題提起をしていく必要がある。

2 EMS導入の効果

EMSを導入することによって色々な効果が期待できる、あるいは得られることは事実である。共通的にみても次のようなことがよくいわれる。

・ 法律遵守の確保
・ 環境リスクの低減
・ 業務達成の効率化(効率的な組織構成、透明性の高い作業プロセス)
・ コストの最適化(コスト低減)
・ 従業員満足度の向上(意識の向上)
・ 責任内容の明確化

これらは間違いなくパフォーマンス向上に対してプラス面の効果を持っている。EMSを導入(ISO14001の外部認証を取得)して、パフォーマンス向上につながらないということは絶対にないと言える。

3 パフォーマンスの向上

では、必ずパフォーマンスが向上するかといえば、そう簡単あるいは単純なものではない。パフォーマンス向上を考えるにあたりキーワードでとらえると、

・定量的な環境影響評価ができるか
(例えばNOx、SOxあるいは化学物質をいくら削減したら、
地域にどれくらい効果が上がるか)
・コストパフォーマンスがあるか
(コストアップになる対策では、
ビジネスチャンスにでもつながらない限り、
他社との公平性からみて長続きしない)
・その結果を社会がどう評価するか(関心が高いか)

等があると思う。

パフォーマンス向上の推進力として、効果があるのはやはり情報公開(透明性、公平性を高める)の進展であろう。自主的にあるいは社会制度としてであろうと、特に日本社会では、環境のパフォーマンスを公表する、せざるを得ないというのは、規制以外で最大の推進力であろう。

また、LCA的な評価の為の手法の確立、データの充実、計測の充実、トータル評価手法の充実等々、EMS導入の考え方、運用いかんによらず、必ずパフォーマンス向上につながっていくツール類の発展・充実も、大変重要な課題である。

当 社の社内環境監査も、EMSの構築・運用中心から、パフォーマンスの向上中心の内容へ軸足を移していこうとしている。いずれにしてもEMSは人間が運用す るものである。「仏作って魂入れず」では本末転倒も甚だしくなる。特に「経営トップの意識の持ち方、導入の考え方一つで、パフォーマンスの向上は大きく変 わる」ということが避けられないことも、大変重要なポイントと思う。

ISOは国際規格であり、EMSの構築、円滑な運用といった、外部認 証内容の国際的整合性が極めて大事である。日本独特のやり方にならないよう、パフォーマンス向上論も含め、グローバルなベンチマーキングが大変重要である。ISO14001取り組みの世界の先進国である日本が、パフォーマンス向上という本質に対して結果を出し、世界へ発信していく大きな責務を与えられて いる、と言えるのではないだろうか。▼