環境プランナー・ベーシック

本日、環境プランニング学会(山本良一会長)が「環境プランナー・ベーシック」の資格試験を2009年9月19日(土)に全国6カ所(東京、大阪、北海道、仙台、名古屋、福岡)で一斉実施する旨をプレス発表した。

この資格は、「eco検定」(2008年度合格者数:約28,000名)よりもワンランク上、「環境プランナー」よりもワンランク下のレベルになる。「環境プランナー」の資格はこれまで低位順に「環境プランナー」(資格登録者数:529名)「環境プランナーER」(同:369名)「環境プランナーERO」の3ランクがあったが、「環境プランナー」の下に「環境プランナー・ベーシック」が新たに設けられたことになる。初回の受験者数は200〜250人を予想しているとのこと。

【環境プランニングとは】
組織の置かれている経営的、技術的、管理的な固有の状況を考慮して、組織が地球環境の視点から長期的に取り組むべき課題を明らかにし、それに対する対応策を計画(プラン)すること。

【環境プランナーとは】
組織ごとに、環境に関する諸活動のグランドデザインを描く専門家。