Amazonから飯塚悦功著『目的達成のための賢い方法』発売

iizuka_ebook.jpg

Amazonのサイトからこのほど、電子書籍(Kindle版)『目的達成のための賢い方法 〜システム解析工学の理論と実践〜』(飯塚悦功著)が発売されました。発行はシステム規格社です。アイソス読者を含め、多くの品質関係者にとって、著者・飯塚悦功さん(東京大学名誉教授)は、「ISO9001の飯塚」というイメージが強いと思います。確かに、同氏はかつて、ISO9001規格の審議を行うISO/TC176の国内委員会委員長であり、JIS原案作成委員会の委員長であり、QMS認証制度の上部組織である日本適合性認定協会(JAB)のマネジメントシステム認定委員会の委員長でした。ですが、大学の先生ですから、一方で学術研究活動にも励んでおられたわけで、そのあたりの活動内容は、学術関係者以外にはあまり知られていません。そこでアイソス編集部はその「飯塚悦功の知られざる学術面」にスポットを当て、定年される前に「今のうちだ!」と連載を企画しました。本書のメイン記事は、その連載『体験的システム解析工学の理論と実践』をとりまとめ、飯塚さんの発案で『目的達成のための賢い方法 〜システム解析工学の理論と実践〜』と改題したものです。

おまけも充実しています。

特別付録1は『東京大学最終講義』です。文字通り、飯塚さんの東大における最終講義です。2012年3月2日、東京大学工学部5号館51号講義室で1時間40分にわたって行われた講義内容をアイソス編集部でまとめたものです。

特別付録2は『私の人生と品質論』です。飯塚さんの生い立ちから50歳半ばまでの人生を「品質」をテーマに語っていただいたインタビュー記事です。

特別付録3は『品質管理特別講義 基礎編』第1話です。これは日科技連出版社から2013年に発売された単行本『品質管理特別講義 基礎編』(2014年度日経品質管理文献賞受賞)の第1話を、著者並びに出版者のご承諾を得て転載したものです。登場人物の会話で話が進んでいくソフトタッチの読み物です。

この機会にぜひお読みください!