飯塚悦功プロジェクト 2 「支援技術もバカにできないぞ」

飯塚悦功プロジェクト第2弾の映像を掲載します。

第1回目の映像では、
東大の修士を卒業した飯塚さんが大学に奉職し、
日科技連の品質管理コースの講師を務める中で、
製造工程で統計的手法を使って改善していくことよりも、
むしろ設計段階で予測しながら問題解決していく方が、
より重要ではないかと考えるに至るまでを紹介しました。

第2回目の映像では、
専門的な知識コンテンツが幅をきかせる大学において、
「品質管理は学問じゃない」といった逆風に悲哀を感じながらも、
知識コンテンツをうまく使いこなす支援技術はバカにならないし、
「品質管理」というのは、まさにその方法論なんだ、
と語る飯塚さんの熱弁を見ることができます。