【ISOS Review】 坂田和則さんの改善ファシリテーション

定期購読している雑誌の中に、「いつもここだけは真っ先に読む」という連載記事があると楽しい。アイソス10月号から新連載が10本始まったが、私の場合は、坂田和則さんの新連載記事『改善活動と人を活気づける改善ファシリテーションの勧め』は真っ先に読んで、学んで、元気になりたい。

私は坂田さんのプレゼンテーションを3度ほど受講したことがあるが、まさに、全エネルギーをこの講義に、この演習に、注入シテイルゾーッ!って感じの人である。人を活気づける達人である。

第1回目の原稿内容は、イライラ感を軽減させる改善と、「あいさつ」の意義及び効果について。こう言ってしまうと、ごくありきたりなテーマなのだが、話の進め方が読者の共感を吸い寄せるようなアプローチを取っている。

例えば、掲示物のちょっとした歪みがイライラ感を生むのだそうだ。
「本来『掲示物を見る』という行動を目的にしていたはずなのに、首を傾けるという余計な動作が発生します。これが小さなイライラ感を生んでいます」(64頁)

掲示物が歪んでいるのを自分が気づくとする。自分はその掲示の担当者ではない。しかも、周囲には誰もいないので、その掲示物をきちんと直角平行に張り直したとしても、それを誰も見ていない。でも、張り直したほうがいいことだと思ったので、張り直す。これは「改善」活動か? 坂田さんは、こう言っている。

「改善というより”謙虚さ”を実践するといった感じかもしれません。謙虚さとは『誰も見ていない所でも、実行すること』です」(64頁)

4件のコメント

  1. ありがとうございます。
    KAIZENファシリテーションがんばりますっ!

  2. やはりこの内容は、ライブで生坂田さんで体験するといいですよ。経験者語る。

コメントはできません。