【ISOS Review】 ISO 31000解説特集

12月10日発売のアイソス1月号の特集で、三菱総研の野口和彦氏執筆による、13ページにわたるISO 31000(リスクマネジメント規格)の解説記事が掲載される。同規格自体は2009年11月に発行されているが、JISにならないとなかなか日本国民は感心を示してくれない。そのJISが今年9月に発行されたのを機に組んだ特集企画である。記事の内容は、規格解説(JISの要点も含む)と規格活用方法。

個人的にはリスクの定義に関心を持っている。ISO 31000ではリスクは「目的に対する不確かさの影響」と定義され、「影響」については注記があって、「影響とは、期待されていることから、よい方向及び/又は悪い方向に逸脱すること」と書いてある。一般常識では、「悪い方向」に逸脱することがリスクであることは納得できるが、「よい方向」への逸脱もリスクであることは、なかなか理解しづらい。ただ、これは2002年に発行されたISO/IEC Guide73で、すでに示されている概念だそうだ。

野口さんは記事の中で、この概念の注意すべき点を挙げている。これは、好ましいリスク(positive risk)/好ましくないリスク(negative risk)の意味ではない。好ましい結果(positive consequence)/好ましくない結果(negative consequence)というリスクの持つ可能性としての結果の概念だそうである。

恥ずかしながら2002年に示された概念を2010年の終わり頃になって、「確かに、好ましい結果をもたらしているもののリスクって盲点だなあ」と感心している私は、かなりアンポンタンである。