2件のコメント

  1.  以前から気になっていたンですが、この「茜色に輝く人」の写真と詩(?)は中尾さんのお作ですか? 心の琴線がポロロンと鳴りました。

  2. はい。写真も言葉も私の作品です。
    ご評価ありがとうございます。(嬉泣)
    夕焼けが、駅前のやくざの顔も、家路に向かう会社員や学生の顔も、買い物をしている年配の女性の顔も、犬の散歩をしている老人の顔も、マフラーを鳴らして走る暴走族の顔も、田んぼで作業する農家の人の顔も、分け隔てなく、あまねく照らしているのに、誰も自分の顔が茜色に染まっているのに気づかないという不思議。それを表現しようと試みました。
    写真はうちの近所で撮影したものです。

コメントはできません。