Vantage Point 人材

「JABに置いておくには惜しい人材です」

2005年3月に開催された「JAB/ISO 9001公開討論会」で、パネラーの1人だったJABの井口新一さん(当時常務理事)が内部監査について非常に見事な発言をしたのに対し、コーディネーターの飯塚悦功さん(東京大学教授)が褒め称えて言った言葉。

2件のコメント

  1. おもわずにんまりとしてしまいました。
    本音かなぁ、ジョークかなぁ。
    この間バンテージポイントなるビデオを借りてみました。
    結構面白かったです。
    ところで、この「バンテージポイント」ってどーゆー意味なんですか?
    無知蒙昧、浅学菲才な家元でした。

  2. 家元さん
    「バンテージポイント」のビデオ、私も見ました。
    時間を過去に戻していく手法がおもしろかったです。
    だけど、大統領暗殺モノの映画では、やはり「ジャッカルの日」か「JFK」が最高だと思っています(古いですけど)。
    この言葉は、梅田望夫さんの「ウェブ時代をゆく」を読んで、そこから拝借しました。
    同氏がシリコンバレーの投資家ロジャー・マクナミーと話をしていたときに、ロジャーが「若者はバンテージ・ポイントに行くべきだ」と言ったそうです。「バンテージ・ポイント」とは、「見晴らしのいい場所」という意味で、その分野の最先端で何が起きているのかを一望にできる場所のことだと梅田さんは説明しています。ロジャーは5年前に「ソフトウェア・エンジニアならグーグルに行け、グーグルが世界最高のバンテージ・ポイントだからだ。グーグルがダメだったらアップルがいい」と言っていたとのこと。
    もちろん本ブログでは、そこまでたいそうな意味では使用していません。
    私にとって、ISO業界における象徴的な場所での象徴的な発言をいくつか紹介したいと思っています。

コメントはできません。