「すご技!女心をわしづかむ…」の作者に会う

iPhone、iPod、iPadに対応した電子書籍で、このブログを書いている今現在、iTune App Storeの「ブック」でランキング二位の「すご技!女心をわしづかむ神フレーズ105」の作者に今朝お会いしました。一位がホリエモンの書籍で、三位が「もしドラ」という超著名のハザマに、「恋愛作法研究所・編」というほぼ無名の方が滑り込んでいるのですから、たいしたものです。

なんで、そんな人を知っているのかというと、この人、以前は我々の業界、つま りISO側にいた人なのです。だから、アイソス編集部と直接お付き合いのあった方なら、「ああ、あの人なの!」となるでしょう。しかし、より重要なのは、 ISO業界にいる前は、日経ウーマンの「デキル女の園」的編集部の中で唯一男性編集者として10年間勤め上げたという功績にあります。たいしたものです。

実際、周囲の女性からは非常に高い評価を受けている男です。

私も知っている、元ヒッキーだった女性は「私の言うことを誰も理解してくれなかったけれど、この人だけは理解してくれ、私を社会に引き戻してくれた」と彼に厚い感謝の念をいただいています。

また、当社の社員の結婚式の時に彼も来てくれたのですが、懇親会で同じテーブルに居合わせた女性3人に、席につくとすぐに声をかけ、それぞれの女性の良い ところを褒め称えたそうです。私も同じテーブルに座っていたので、彼がそうしているところを見ていたはずですが、そのような光景はもう忘れておりました。 ですが、褒められたほうの女性は、今でもちゃんと覚えています。この話も、その女性から聞いたものです。

一度読んでみてくださいな。12月25日まではクリスマスキャンペーンということで、450年が230円になっていますんで。