2種類の「なぜ」だけで「なぜなぜ分析」

アイソス2019年12月号(11月10日発行)の特集は『2種類の「なぜ」なら簡単にできる「なぜなぜ分析」の手法』です。「なぜなぜ分析」の基本とされてきた「真の原因」と「5回のなぜ」の呪縛から解き放ってくれる、2種類の「なぜ」(「発生要因」と「作業要因」)を使った「なぜなぜ分析」の手法を紹介。執筆者はIT関連企業でQMS事務局を担当してきた千崎敏雄氏(QMS/EMS/ISMS審査員)です。

NEWS & REPORTSでは、AIAG Quality Summit 2019に参加した塩田保氏が、OEMのAIAG-VDA FMEA Handbook対応など最新情報を報告。

Viewpoint this monthでは、ISO 30401(ナレッジマネジメント)導入の取組みが世界で広がり始めた状況について、ナレッジ・アソシエイツ・ジャパン代表取締役社長の荻原直紀氏にご紹介いただきました。

アイソス12月号の目次は次のとおりです。


アイソス 2019年12月号(265号 2019年11月10日発売)

特集

2種類の「なぜ」なら簡単にできる「なぜなぜ分析」の手法

「なぜなぜ分析」の基本とされてきた「真の原因」と「5回の『なぜ』」の呪縛から解き放ってくれるのが、今回ご紹介する2種類の「なぜ」(「発生要因」と「作業要因」)を使った「なぜなぜ分析」の手法である。最初に、事態を主語にした「事象」を広い視点で設定し「なぜなぜ」の情報を整理。その情報を基に、できるだけ多くの「発生要因」を洗い出し、「仮対策案」を導けるまで「なぜ」を繰り返し、ヒトにかかわるものについては「作業要因」で引き出す。最後に、明確になった原因を除去するため、「なぜ」を打ち消す対策案を導くというもの。この手法の提案者は、IT関連企業でQMS事務局を担当してきた千崎敏雄氏(QMS/EMS/ISMS審査員)。直感に頼った、声の大きい人の意見が採用される、応急処置止まりの、「なぜ」を繰り返すうちに袋小路に陥ってしまう、そんなよくある「なぜなぜ分析」から脱却したい読者に、このコンパクトで実践的な手法をお薦めしたい。(本誌編集部)

Part 0 「真の原因」と「5回の『なぜ』」の呪縛を解き放つ
Part 1 「事象」を設定し事態を把握する
Part 2 「発生要因」で原因を洗い出す
Part 3 「作業要因」で動作/判断に影響した「なぜ」を聞き出す
Part 4 客観的に対策を選定し効果を確認する


NEWS & REPORTS

AIAG Quality Summit 2019
OEMがAIAG-VDA FMEA Handbookへの対応を発表
執筆者/トライザック株式会社 代表取締役 塩田 保

10月2〜3日、米国ミシガン州ノバイのSuburban Collection Showplaceで、「AIAG Quality Summit 2019」が開催された。自動車QMS関係者を中心に約300人の来場者があった模様。今回のテーマは「組織の成功のための品質に関わる力量の開発」。2日間のプログラムの概要を報告する。


連載

■Viewpoint

Viewpoint this month リレー連載 第93回
品質・技術伝承問題の原因の1つはナレッジマネジメント不足
ISO 30401導入の取組みが世界で始まる
取材先/ナレッジ・アソシエイツ・ジャパン株式会社 代表取締役社長 荻原 直紀 氏

■Standardization Trends

サービスエクセレンスの国際標準化動向と日本の取組み
連載 第3回 現時点までのサービスエクセレンスの国際標準(ISO/TC312)についての活動・議論と日本の思案
〜ISO/TC312 Service in Excellence 2017年9月〜2019年10月までの経緯〜
執筆/東京大学大学院工学系研究科 品質・医療社会システム工学寄付講座 特任教授 水流 聡子

環境ファイナンス分野における国際規格動向
連載 第3回 気候変動と投資・金融・情報開示
執筆/三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 環境・エネルギー部 主任研究員
サステナブルビジネス戦略センター長 奥野 麻衣子

PAS(公開仕様書)策定の可能性 〜規格作りを通じた共創によるビジネスの進化〜
連載 第3回 PASからISOへ PAS1018(保冷配送サービス)の紹介
執筆/BSIグループジャパン株式会社 営業本部営業戦略担当部長 楠本 寛斎

■品質

持続的成功を実現するための武器 〜品質管理の基礎を学ぶ〜
連載 第21回 問題解決(2)
執筆/東京大学名誉教授 飯塚 悦功

■セクター

IATF 16949 ワンポイントレッスン
連載 第9回 工程管理及びSPC
執筆/一般財団法人日本品質保証機構 審査事業センター
品質審査部 参与 菱沼 雅博

■クリーンランゲージ

事業を「知る、動かす、再生する」ためのクリーンランゲージアプローチ
なぜ、わが社のシステムは機能しなかったのか
連載 第3回 組織のヒストリー
私たちは事業の観点からみて、どこから来て、どこに行こうとしているのでしょうか
執筆/株式会社イノベイション 代表取締役 山上 裕司

■MS改善

2015年版移行後における組織のMS有効性改善と再構築
連載 第3回 自社のMSレベル評価結果の活用方法
執筆/QMSエキスパート審査員 辻井 五郎

■MS人材育成

桜美林大学大学院のマネジメントシステム・コーディネーター養成プログラム
〜真のISO経営の実現を目指して〜
連載 第3回 マネジメントシステムを経営戦略に結びつける
執筆/桜美林大学大学院 経営学研究科 客員教授 坂本 雅明

日本の要員認証の現状と課題
連載 第2回 マネジメントシステム審査員の現状と課題
執筆/一般財団法人日本要員認証協会
マネジメントシステム審査員評価登録センター 所長 加藤 真一

■食品安全

包材のポジティブリスト化 食品に関連する産業全体へのインパクト
連載 第3回 小売りの立場から包材のポジティブリスト化への対応として考えられること
執筆/株式会社ライフコーポレーション 品質保証部 天保山品質保証課 課長 石井 暁子

■海外動向

ネットで読み解くリスクマネジメント海外事情
連載 第15回 リスクマネジメントを戦略的計画作成に統合する4つのステップ
執筆/米戸 靖彦

■イベント

標準化と品質管理全国大会2019
テーマは「未来を拓く価値創造と標準化」

JINイノベーション・マネジメントシステムフォーラム
海外からISO 56002策定メンバーを招き講演会開催

第3回サービス標準化フォーラム
ISO/TC312議長 Matthias Gouthier氏が講演


And more

■全体目次
■書評
■ISO leading-edge trend
■JAB認定 ISO 9001/14001認証取得状況
■編集後記/次号予告/広告目次 etc.