超ISO企業研究会との共同研究終了

isostoolシステム規格社(月刊アイソスの出版社)の1年10ヵ月にわたる超ISO企業研究会との共同研究がこのほど終了しました。同研究会が開発・適用サポートを行っている「品質経営実践ツール」を使って、事業シナリオを構築し、そのシナリオに則って既存事業の改善と新規事業の開発・実施を遂行しました。ツール導入に当たっては、棟近雅彦氏(早稲田大学教授)福丸典芳氏(福丸マネジメントテクノ代表取締役)佐野雅隆氏(東京理科大学助教)の3氏からご支援いただきました。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

「品質経営実践ツール」は4つのモジュールで構成されており、システム規格社がモジュール4までやり終えたので、共同研究終了となりました。もちろん、このツールを使った事業改善、新規事業展開はまさにこれからが本番です。2013年12月から2015年9月までの、システム規格社による同ツールの取り組み経緯を下記に掲載しておきます。詳細はアイソス2016年1月号に掲載する予定です。