第11回知識構造化シンポに無償ご招待(受付終了)

「第11回知識構造化シンポジウム」は9月6日13:30から17:00まで、東京証券会館(東京都中央区)において日本科学技術連盟主催で開催されます。注目は3つのSSM取組事例の講演です。講演テーマと講演組織を紹介すると、「講演1:空調機の設計および試験部門におけるSSMを活用した不具合未然防止と業務効率化」(三菱重工サーマルシステムズ)、「講演2:ワークに優しい包装機技術のSSMによる伝承と社員育成」(京都製作所)、「講演3:SSMによる知識データベースを活用した音振動の原因調査・未然防止の取り組み」(日本精工)。事例発表の後は、構造化知識研究所シニアコンサルタントの長谷川充氏によるSSM導入・定着の進め方についての特別講演、続いて田村社長をコーディネーターに迎えて全講演者をパネリストとする総合討論会が行われます。

読者サービスとしまして、先着5名様に限り、無償でご招待します(コンサルタントなどの同業者、あるいは個人のお申込みはご遠慮ください。組織において不具合情報等を扱う担当者が対象となります)。お申込はこちらから

お陰様で定員に達しましたので、無償ご招待のお申込受付を終了させていただきます。
ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です