不具合をラッキーと置換

iizuka_abc来年発行のアイソス2月号の中で、
設計トラブルの再発防止に取り組む中、
ABC構造を思いつく場面を、飯塚悦功さん(写真)が語っています。

ABC構造とは、「AがBのとき、Cが起こる」。
つまり、Aという性質を持っているものが、
Bという条件に出会ったとき、
Cというトラブルが起こるというものです。
このCが「よくないこと」なので、
会社としては、もう二度と起こらないようにしたい。
そこで、AがBと出会う場面を分析し、
同様の場面が起こらないようにするか、
あるいは起こっても避けるように努力します。

Cが「よくないこと」の場合のみを、
飯塚さんは取り上げていますが、
Cが「よいこと」だった場合はどうでしょうか。
「AがBのとき、ラッキーなことが起こる」
これはもう、何度でも経験したいですね。
そのためには、AがBと出会った場面を分析し、
Cが起こる必然性を導き出し、
同様の場面が起こるようにするか、
もしくは起こる場面にできるだけ近づくかしなければなりません。
このような「ラッキーな偶然の再現」は、
マーケティング用語では「セレンディピティ」と呼んでいますが、
「よいこと」にもABC構造が使えるのではないでしょうか。

・・・などと最近考えています。